• ホーム
  • 月経困難症はピルで改善できる

月経困難症はピルで改善できる

月経困難症とは、月経時に下腹部痛や腰痛などの疼痛があり、仕事などの社会生活が困難になるような症状で、器質的な異常がない機能性月経困難症と器質的疾患を伴う器質性月経困難症とに分類されます。
機能性月経困難症は、月経時に子宮内膜で産生されるプロスタグランジンの過剰分泌が考えられ、頭痛や嘔吐などを引き起こしたり、子宮の過剰収縮によって疼痛を引き起こすことがあります。
機能性は、月経の時に強い症状がみられますが、原因となる病気がなく、10~20代前半の女性に多く、特に月経の初日や2日目に強く症状が現れるのが特徴となっています。

プロスタグランジンには、月経時に経血をスムーズに排出する働きがありますが、過剰に分泌されてしまうと、子宮が強く収縮されてしまうため、月経困難症が起こると考えられています。
また、そのほかにも、自律神経の乱れや子宮頸管の狭さなどが原因といわれていますが、きちんと解明されていない部分もあり、出産を経験すると症状が改善する場合があります。

一方、器質性月経困難症は、子宮内膜症や子宮筋腫など、子宮の奇形によって起こることが多いのが特徴です。
月経困難症は、いわゆる生理痛がひどい状態で、下腹部痛や腰痛、頭痛などが日常生活に支障をきたすほど強く現れた場合、月経困難症と診断されます。
生活に支障がでてしまうほど生理痛がひどい場合には、婦人科を受診して適切な治療を受ける方がよいでしょう。

つらい痛みを我慢する人が少なくありませんが、鎮痛剤やピルなどの治療薬を服用することで、痛みが軽減し、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気があれば、早期に治療を行うことがえきますから、婦人科を受診するようにしましょう。
市販の鎮痛剤よりも、病院で処方される薬の方が、有効成分が多く含まれていますから、痛みの元となる物質が作られるのを抑制する効果が高く、痛みが軽減されます。
また、状況に応じて胃薬も処方してもらえますから安心です。

月経困難症の診断の仕方とは

月経困難症の診断方法は、まずは問診からはじまります。
自分に引き起こされている症状や、最近生理が始まった日や期間、通常の生理の期間、出血量、性体験の有無、妊娠や出産の有無などの質問を受けることになります。

検査方法は、膣に器具や指を挿入して、膣や子宮、卵巣の状態を確認し、尿検査によってホルモンの状態や排卵の有無などを確認していきます。
また、血液検査で卵巣の腫瘍確認などを行っていきます。
また、超音波をあてることで、子宮や卵巣の状態を確認することができます。
器質性の月経困難症の疑いがある場合には、MRIやX線、CT検査などを行って画像で観察していきます。

月経困難症だと診断された場合には、適切な治療を受けることになります。
子宮筋腫や子宮内膜症などの器質性月経困難症の場合には、原因となる病気を治療することで、回復することがほとんどです。
機能性月経困難症の場合には、薬物療法や生活習慣の改善を行う治療がとられます。
薬物療法では、鎮痛剤がしようされたり、低用量ピルを用いて症状を改善していきます。

ただ、低用量ピルは排卵を抑制する働きがあるため、妊娠を望んでいる場合には使用することができません。
この低用量ピルは、月経困難症だけではなく、PMSなどのつらい症状も緩和させることができ、体内のホルモンバランスを整えることで、子宮内膜症や子宮筋腫の治療薬としても用いられています。
ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いかもしれませんが、PMSや月経困難症、子宮内膜症など女性特有の病気の治療薬として大変有効な薬といえます。
毎月つらい生理痛に悩まされている人は、一度婦人科を受診して原因を知り、早期に治療を行うことが大切です。

関連記事